ナイトブラで育乳ができるって本当?

ナイトブラのコラム

ナイトブラの効果で一番先に思いつくのは
寝ている間に胸の形が崩れるのを予防すること。

 

しかしナイトブラに期待できる効果はそれだけではありません。

 

寝ている間にバストアップができる
育乳にも効果的だといわれて注目を集めています。

 

なぜナイトブラで育乳ができるのかを考えていきましょう。

 

 

ナイトブラで育乳する仕組み

 

まずはナイトブラによる育乳について
簡単にイメージしてみましょう。

 

・ナイトブラで脇や背中に流れる脂肪を集める。
・寝ている間、バストを理想の位置でキープする。
・バストアップする。

 

 

脂肪は形状記憶する

 

ナイトブラで胸を寄せて上げても、ブラを外したら
元に戻ってしまって意味がないと思いますよね。

 

ところが胸の大半を占めている脂肪は
形状記憶するといわれています。

 

すぐにその位置に固定されるわけではありませんが、
長い時間同じ位置でキープすることで、
その位置を覚えて固定されるというのです。

 

つまり、胸の周りの脂肪を集めた状態で睡眠を取ることで、
理想の形のバストへとサイズアップが期待できるのです!

 

 

バストが成長するのは夜

 

バストが大きくなるには乳腺の発達が重要といいます。

 

全体の1割ほどですが、乳腺が発達することで
周りの脂肪つられて増えるといわれています。

 

一般的に乳腺が増えるのは成長期。
第二次性徴、小学生高学年から中高生のころです。

 

ナイトブラをつけたからといって、
大人になってからこの乳腺が増えるということはありません。

 

しかし、睡眠のゴールデンタイムとされる22時から2時頃、
良質な睡眠を取ると女性ホルモンの分泌が良くなります。

 

女性ホルモンは女性らしい身体のラインを作るのに必要で、
バストアップにも関係しているといいます。

 

また、女性ホルモンは血流アップにも効果があるといいます。
胸にしっかりと血流がいくことで、
バストのハリが良くなるといわれています。

 

 

寝ている間、昼用のブラをつける人もいますが、
これをするとワイヤーなどによる締め付けなどで
血行が悪くなったり、睡眠の妨げになったりすることがあります。

 

良質な睡眠を妨げることで、
育乳の邪魔をしてしまうことに。

 

ナイトブラは睡眠の邪魔をしないような設計になっています。

 

良質な睡眠を妨げないナイトブラは
間接的にも育乳に関係しているといえます。

 

 

即効性はなくても育乳に効果的

 

ナイトブラをつけることが即バストアップに
繋がるということはありません。

 

ナイトブラをつけてもきちんと睡眠を取らなかったり、
昼間に胸にたくさんの負荷が掛かれば育乳の邪魔になったりします。

 

しかし胸の周りの脂肪を矯正して睡眠をとることで、
長い時間かけてバストアップができると考えられます。

 

また、ナイトブラは睡眠中にバストが崩れることも予防するので、
効果的にバストアップをするには欠かせないものといえるでしょう。

 

育乳のためには、まずは夜間正しい位置で胸をキープすることが
大切で、結果としてバストアップが期待できます!