ナイトブラにはどのような効果があるの?

ナイトブラのコラム

寝ている間にブラは必要ないと思っている人も多いと思います。

 

ナイトブラを使うことで寝ている間も
胸の位置をキープできることはなんとなく分かると思いますが
そうすることで一体なにが良いのでしょうか?

 

実は胸が大きい人にも小さい人にも嬉しい効果が期待できます!

 

ここではナイトブラを使うことで期待できる効果について
まとめて紹介していきます。

 

 

バストが垂れるのを予防する

 

ナイトブラの効果としてもっとも期待されるのが
バストが垂れたり形が崩れたりするのを予防することです。

 

バストのハリを決めているのはクーパー靭帯と呼ばれる組織。
脂肪や乳腺で出来たバストを筋肉の間を繋いでいて、
バストを吊り上げる役割を持っています。

 

クーパー靭帯が傷ついたりたるんだりすると
バストをキレイな位置で保つことが出来なくなります。

 

老化による劣化もありますが、クーパー靭帯は
バストが動いたり押しつぶされたりする負荷によって
傷ついてしまいます。

 

傷ついたら修復されないといわれているので、
刺激から守って上げることが大切になります、。

 

ナイトブラでクーパー靭帯を守る

寝ている間は重力で胸が横に流れたり、
仰向けで押しつぶされたりして負荷がかかります。

 

それを予防してくれるのがナイトブラというわけです。

 

ナイトブラは寝ている間の横に流れる胸の脂肪を
正しい位置でキープする効果があります。

 

そうすることでバストが垂れる原因を予防することが出来ます。

 

 

バストアップも期待できる

 

胸が小さいから垂れる心配はないし、ナイトブラはいらない、
そう思われがちですが、実はバストアップにも効果が期待できます。

 

脂肪は形状記憶する

 

ブラで胸を寄せ上げても外してしまえば
元に戻って意味がないと思っている人もいると思います。

 

実は脂肪は形状記憶するといわれているのを知っていますか?

 

睡眠時間というのは1日の3分の1を占めています。

 

睡眠時に脇や背中に脂肪が流れた状態を長年続けていると、
脂肪はその位置に固定されてしまい、形が崩れたり
小さくなったりしてしまうのです!

 

 

反対に、脇や背中の脂肪を寄せ集めて固定することで、
バストアップにも効果が期待できるといいます。

 

バストサイズが小さい人でも、脇や背中に流れた脂肪を集めて
ブラの中に収めてキープすることで
バストアップ効果が期待できるということです!

 

最初のうちはナイトブラを外せば
集めた脂肪ももとの位置に戻ってしまいます。

 

即効性があるものではないので、
長い期間着用を続けることが大切です。

 

 

キレイな形のバストを保つ

 

寝ている間に脂肪が流れたり、クーパー靭帯が傷付くことで
バストの形が崩れやすくなります。

 

ナイトブラで正しい位置に胸をキープすることは
ただサイズをアップするのではなく、
キレイな形のバストを目指すこともできるのです。

 

 

普通のブラと同じ効果はあるのか

 

昼間つけるブラは、立ったり座ったりして行動することを前提に
作られているブラです。

 

そのためバストが縦に揺れ動きに強く作られています。

 

ナイトブラはワイヤーがなく着心地が楽なのですが、
アンダー部分の締め付けが弱いものが多く、
走ったりジャンプしたりした時の縦揺れにはあまり強くありません。

 

昼間につけてすぐに動向ということはないですが、
やはり縦方向の重力で垂れる胸をキープする力が弱いので
バストが垂れやすくなる可能性が。

 

昼に使えるナイトブラもありますが、
基本的にナイトブラは夜に使うものと思っておきましょう。